リハビリテーションを通じて人々の健康に貢献する、リハビリテーションクリエーターズ

リハビリテーションクリエーターズ株式会社

人のあるべき姿に回帰し 社会的価値を創造する



採用情報

先輩社員の声

スタッフみんな、職種も夢も違うけれど未知の自分に出会うためにがんばっています

Photo:作業療法士 金子里子

作業療法士金子里子

生活をしていて「もっとリハビリが必要」と望む方がとても多いのに、それに対して専門的にリハビリを提供できる場所が地域にはまだまだ少ないと思います。最近はリハビリ特化型のデイサービスも増えつつあるようですが、ここほどセラピストが多く配置されているところもあまりないと思います。
当社リハビリセンターを利用される方は、目的が明確な分、意欲の高さにはこちらが影響を受けることも多く、「もっと良いものを提供していきたい」と私たちの学びの意欲も高められます。
人と人として利用者さまとお付き合いする中で、リハビリの目標は「ここまで」という事がないことも痛感いたします。また今、目の前にいる方々にできうる限りの事を考えていけるというのは、それを共に考えていけるスタッフがいるからだと思います。


Photo:理学療法士 長澤和浩

理学療法士長澤和浩

リハビリとは何か?今行っているリハビリは様々な規制の中だけで仕事をしていて本当に患者様の為になっているのだろうか?もっと患者様の為に仕事がしたい。私はこの事を叶える為に当社に入社しました。
私達の会社は規制に捉われる事無く皆で考え、第一に利用者様の事を考えて仕事をします。利用者様の事を第一に考えて仕事が出来る―理学療法士としてこんなにも幸せな事があるでしょうか。介護保険法では目的に「尊厳の保持」とあります。尊厳を保持して頂く為にも、今後は理学療法士の限界に捉われずに利用者様を第一に考えたリハビリの在り方を創造していきたいと思っています。


Photo:健康運動指導士 村上佳子

健康運動指導士村上佳子

利用者様によってリハビリに通う目的は様々ですが、体を動かすことの重要性や楽しさを少しでも伝えられるよう日々取り組んでいます。
健康運動指導士として自分に何ができるかな・・という不安な気持ちもありましたが、「体を動かすととても気持ち良いねー」「ここへ来るとお腹がすいて仕方ない」「ここがなかったら絶対に寝たきりになっていたと思う」などの声を聞けると自分にも役に立てることがある!と励みになります。
また、当社は様々な専門職がおり、お互いに知識を高め合うことができるのもとても魅力だと思っています。枠にとらわれることなく、広い視野で利用者様が本当に求めていることを考えられるようにしていきたいと思っています


Photo:アスレティックトレーナー 大滝翔

アスレティックトレーナー大滝翔

私は現在、総合スポーツリハビリを担当しております。
主な役割として、スポーツ選手のリハビリテーション及び、競技力向上を目指したトレーニング指導です。総合スポーツリハビリに関わるようになり「評価」や「リハビリテーション・トレーニング内容の立案」など様々なことを学ぶことできています。
また、一ヶ月に1度ですが、他のスタッフとリハビリ内容・トレーニング内容についてのミーティング、勉強会を行っており、個人としての能力だけではなく、チーム体制で選手をサポートしております。
何よりも私たちが関わらせていただいているスポーツ選手が大会で優勝したり、試合に勝ったという報告を聞くことが何よりもうれしく、やりがいを感じることができます。


Photo:看護師 石井真由美

看護師石井真由美

入社当初は、病院での勤務経験しかない私に、訪問看護やデイサービスで働くことが出来るか不安がありました。しかし、実際勤務してみると、訪問看護では自宅という住み慣れた環境下で看護に当たることとなるため、患者様はリラックスされた気持ちで、病棟では話せないような色々なお話をされ、こちらもゆっくりと患者様のペースで聞いてさしあげることができ、看護師としてのやりがいを感じました。
現在は、病院勤務で培った知識等も生かすとともに、病院勤務では難しかった患者様個々の状況に応じたきめ細やかな対応をとるよう心掛けています。
訪問看護を通して思う事は、患者様のことはもちろん、患者様を介護されている御家族のフォローがすごく大切だということです。御家族が健康でないと、患者様を介護する方がいなくなってしまい、一番住み慣れた自宅での生活を継続していくことが困難となってしまうからです。
これからも少しでも患者様と、御家族のフォローが出来るような看護師でいたいと思っています。


Photo:柔道整復師 佐々木潤也

柔道整復師佐々木潤也

私は卒業後、整形外科の病院で勤務した後に自分自身成長の為に入職を決意しました。
入社当初、柔道整復師は私1人で、リハビリを行う上で柔道整復師である自分の存在価値はあるのだろうか?といった不安や葛藤がありました。
 しかし、自分自身がリーダーを務めたグループワークにおいて、理学療法士等とともに徒手療法の有用性について解剖学的・生理学的な根拠を様々な書籍・文献で調べ考察する中で、資格関わらず一人のセラピストとしての診かたを学び、そこに柔道整復師の考え方を活かしていけばよいのだと思うようになりました。
これからも、常に利用者さんが真に求めているものが何なのかを考え、その求めに応えるために、様々な資格のスタッフ等と協力し、技術・知識を研鑽していきたいと思っています。


  • 代表メッセージ
  • 独自性
  • 理想のセラピスト
  • 社員育成制度
  • グループワーク
  • 社外研修支援
  • 新人教育
  • キャリア教育
  • 先輩社員の声
  • 募集要項
  • エントリーフォーム
  • 入社希望エントリーはこちら

ページトップへ戻る